ハイエナというスタイル

 

以前にも書いたかもしれませんが、僕のスタイルは設定6が毎日入る店に通い、データを採取して徹底的に店の癖を読んで、高設定を掴むというスタイ

ルです。最近AT機の天井機能やストック機の出現によりハイエナというスタイルが確立されつつあります。昔では裏物の仮天や天井狙い、引き戻しゾ

ーンなどを狙ったのが一部ありましたが、今ではハイエナのプロまで出てくる始末です。僕は基本的にこのハイエナという行為があまり好きではありま

せん。やはり店の癖を読み予想が当って高設定を掴んで1日フルで回す、これがスロの醍醐味だと思っています。確かに1日打てない人、朝からいけな

い人いろんな人がおられるとは思いますが、何か当るゲーム数が分かっていて、そこからの連荘や獲得枚数を逆算して投資を考えてというのにこの上

ない無力感を感じるのです。大阪という環境(7.6枚)がそうさせているのかもしれませんが、等価圏でも無力感は同じだと思います。確かにハイエナを

すれば収支は今より上がるでしょう。勝つためには妥協はしてはいけないというのがプロとしては必須なのかもしれませんが、おいしいゲームやゾーン

で止めそうな台の後ろにはりついてという気にはなりません。あとスロを打つことで僕自身が重視することが時間効率(時給)です。なのでおいしいポイ

ントが見つかるまで待つ時間やホールを回る時間を考えると、どうにも体が引けてしまいます。それでも全くハイエナをしないわけではありません。例え

ば閉店間際にゲーム数を取って、宵越し天井を狙うのはありだと思います。そこで天井が発動しなければリセットの有無も確認できますし、人の知りえ

ない情報を知って勝ちに繋げるというのは自分の中ではありなのです。要するにおいしいゲーム数やポイントを知らない人が止めそうなのを見計らって

待ってするハイエナは僕の中ではタブーなのです。

戻る