勝ちへの近道か?面白さか?

 

パチスロを打つ上でその機種の解析を知るという事は当たり前であってものすごく重要な事です。解析を知らないという事はルールを知らな

いのにギャンブルをするようなものでまさに自殺行為
です。ただ完全に解析を把握し、完全確率を理解して打っている人はどれぐらいいるで

しょうか?僕の見ている限りではそういって仕組みを知っている人は非常に少ないと思います。だからこそ解析を理解して打つ事により人との差

がうまれ勝つための近道になるのですが、解析を知るという事は中身がすべて見えてしまい、遊戯をする上では面白みがなくなるというこ

とになります。パチンコで考えてみると非常に分かりやすいのですが、フルスペックの1/350の確率で大当たり抽選を行っている台があるとして、

大当たり抽選はスタートチャッカーを玉が通過した時点で抽選を1/350で毎回行っています。その抽選結果により演出が選択されるためすべ

て後告知になります。
例えばハズレでも熱いリーチを出して外すか、リーチの演出を出さずに外したり、、、と様々ですが、なぜ熱いリーチという

かは大当たりの時に良く選択されるリーチである為に「熱いリーチ」とよばれ、ハズレの時に良く選択されるリーチだから「寒いリーチ」とかいうだ

けで、結局はスタートチャッカーを通過した時の大当たり判定の結果に過ぎないんです。そう考えてしまうとパチンコなんて機種の仕様で大当

たりの確率や時短のフル、ハーフの違いはあるものの、メーカは違えど同じ箱でしかないという考え
になってしまいます。このように解析

や中身を知るという事は、勝ちへの最短距離である上に面白さというのは犠牲にしないといけなくなります。僕からしたら職業上考えられないの

ですが、中にはパチンコやスロットを勝ち負け関係無しにストレス解消の為に遊戯する人も実際に多くいています。そういう人たちの楽しみを奪

う気もありませんし、仕事で無い以上それはそれで良いと思います
。皆さんは勝ちへの近道を取るか、面白さを取るかどちらの考えでしょう

か?

戻る